全身脱毛や部分脱毛の基礎知識からおすすめのクリニックの情報まで、私の経験から幅広い情報をご提供しています。

menu

脱毛口コミ情報局 体験談からおすすめサロン・エステを紹介

脱毛の種類 光(フラッシュ)・医療レーザー・ニードル脱毛

11

脱毛には大きく3つの種類があります。「光(フラッシュ)脱毛」「医療レーザー脱毛」「ニードル脱毛」の3つです。

では、それぞれの特徴についてご説明しますね!

光(フラッシュ)脱毛

光脱毛は、多くのエステサロンで行なわれている脱毛法です。別名フラッシュ脱毛とも呼ばれます。

特殊な光を照射して、毛が作られる毛根部分の毛乳頭や毛母細胞にダメージを与えることで毛が生えなくなるようにする脱毛法です。

この光はメラニンなどの色素の濃いものにしか反応しないようになっていますから、肌表面にはダメージをほとんど与えることがなく、脱毛ができるというのが特徴です。

光脱毛のメリットは、とにかく「痛みがほとんどない」ということです。実際に、わたしも脱毛エステで光脱毛をやっていますが、ちょっとゴムで軽く弾かれたような刺激は多少あるものの、痛いとは感じたことはありません。

他のメリットとしては、1回の照射で広範囲のお手入れができるので、お手入れにかかる時間が短くて済むということです。さらに、他の脱毛法と比べてお手入れ料金がかなり安いということもメリットといえます。

デメリットは、技術者の腕によっては効果に多少バラつきがあること、また、ある程度の期間通う必要があるという点が挙げられます。

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛は、多くのクリニックで採用されている脱毛法です。

レーザーを照射することで、毛乳頭や毛母細胞にダメージを与えて脱毛処理を行ないます。光脱毛よりも出力エネルギーは高いのですが、脱毛のしくみは光脱毛と同じです。

医療レーザー脱毛のメリットは、出力レベルが高いことから短期間で効果を実感できるということにあります。

また、医療機関でのお手入れとなるので、万が一という場合も安心という点もあります。

デメリットは、光脱毛と比べると痛みがあるという点です。さらに、お手入れ料金が高額という点があります。

ニードル脱毛

ニードル脱毛は、以前は「脱毛=ニードル脱毛」というくらい広く行なわれていた脱毛法です。

ニードル、つまり針を毛穴に刺して電気を流すことで毛母細胞や毛乳頭にダメージを与えることで脱毛を行ないます。1回の照射でまとめて何本も処理できる光脱毛や医療レーザー脱毛と違って、ニードル脱毛はムダ毛を1本1本処理していきます。

ニードル脱毛のメリットは、1本1本の毛根部分を破壊することから、確実に脱毛処理ができるということ、また、毛根部分のみに施術を行なうので色素が沈着したりしている肌でもお手入れができるという点です。

デメリットは、かなりの痛みを我慢しないといけないということ、そして、1本1本の処理なので時間がかなりかかること、それに伴って施術料金が高額になるということがあります。

関連記事