全身脱毛や部分脱毛の基礎知識からおすすめのクリニックの情報まで、私の経験から幅広い情報をご提供しています。

menu

脱毛口コミ情報局 体験談からおすすめサロン・エステを紹介

妊娠中に脱毛ができない理由とは?

d89fe9bab88fab3fbabfabb8646d097e_s

女性なら誰もが「妊娠中でもキレイでいたい」と思うものですよね。しかし、「妊娠中って言ったら脱毛エステでの施術を断られてしまった」という経験を持つ人は多いといいます。

どうして妊娠中は脱毛をすることができないのでしょうか?ここでは、その疑問にお答えしますね。 

◆妊娠中の脱毛が断られてしまうワケ◆

妊娠中の脱毛が断られてしまう理由としては、大きく2つの理由があります。 

1つの理由として、妊娠中はホルモンバランスが乱れていることから脱毛効果が思うように得にくいという点があります。

妊娠中は、ホルモンバランスが乱れているために一時的に毛が濃くなってしまったりすることがあります。そうすると、脱毛効果は思うように得られません。

また、仮に妊娠中に脱毛がきちんとできたとしても、出産後に毛が再生してしまうということもよくある話です。ですから、ほとんどの脱毛エステやクリニックでは、出産を終えてホルモンバランスがきちんと整うまでは脱毛はできないとしているんですよ。 

もう1つの理由は、母体の安全を考えてのことです。妊娠中は、体調が変わりやすく、急に気分が悪くなったりすることがしばしばあります。それで、施術中に急に気分が悪くなったりするということも起こり得ますので、妊娠中の施術は控えた方がいいとされています。

また、妊娠中は日頃はストレスとならないようなことをストレスに感じてしまいがちです。通常なら気にならない脱毛の刺激がストレスとなって、母体に悪影響を与えてしまうことは考えられますし、また、脱毛の刺激が陣痛を引き起こす可能性もないわけではありません。

このような理由から、妊娠中の脱毛はしない方が良いとされているのです。 

◆胎児には影響はない◆

でも、妊娠に気付かずに脱毛をやっていたということもありますよね?その場合、心配なのが胎児に悪い影響が及んでいないかということでしょう。

結論から言うと、妊娠中の脱毛が胎児に害となるということではありませんので安心してくださいね。

X線レントゲンなどとは違って、脱毛による光やレーザーがお腹の中の胎児にまで届くワケではないので、脱毛を受けること自体は胎児には何ら問題ではありません。ただ、先ほど述べた理由から脱毛は控えた方がいいとされているだけです。 

◆脱毛期間中に妊娠に気付いたら?◆

もし、脱毛エステやクリニックに通っている途中で妊娠に気づいた場合は、すぐに通っている脱毛エステやクリニックに相談するようにしましょう。万が一ということがありますから、「あと2回だけだから黙って通おう」なんて考えないでくださいね。

脱毛エステやクリニックによっては、妊娠期間は脱毛停止状態にして、出産後のホルモンバランスが整ってから脱毛を再開できるようにしてくれるところもありますので、まずは相談してみましょう。

 

関連記事