全身脱毛や部分脱毛の基礎知識からおすすめのクリニックの情報まで、私の経験から幅広い情報をご提供しています。

menu

脱毛口コミ情報局 体験談からおすすめサロン・エステを紹介

VIOライン脱毛―正直恥ずかしいけど、大丈夫?

e17b9ca7d8c607938a2a28d0195db67d_s

気になるアンダーヘアのムダ毛はVIOライン脱毛でスッキリとさせたいものですね!でも、「え?アンダーヘア脱毛って恥ずかしくない?」とか、「VIOラインなんて、恥ずかしくて見せられない!」という人も少なくないと思います。

ここでは、VIOラインの脱毛は恥ずかしくて心配という人のために、VIOライン脱毛について詳しくお話します。これを読めば、安心して脱毛を始めることができますよ♪

VIOライン脱毛時の格好◆

VIOライン脱毛では、大抵の脱毛エステやクリニックでは使い捨てのショーツをはいてお手入れします。「下半身は裸なのでは?」と心配する人もいるようですが、下半身裸でお手入れするというところはほとんどありませんので安心してくださいね。

わたしは脱毛サロンをいくつか利用したことがありますが、VIOライン施術前には脱毛サロンで着替えを行ないます。用意されている使い捨ての紙ショーツをはいて、サロンのブランケットを腰に巻いてスタンバイするという感じです。

脱毛する部屋(個室)で着替えるところもあれば、更衣室があって、そこで着替えるようにしているサロンもありますよ。

VIOライン脱毛時の姿勢◆

VIOライン脱毛時の気になる姿勢ですが、脱毛エステやクリニックによって若干異なります。ここでは代表的な姿勢をお知らせします。

Vラインの場合

Vラインの場合は、仰向けに寝て施術を行ないます。両脚を全開にする必要はなく、施術する側の脚の膝を曲げた状態で横に倒して片側ずつ照射を行なうという感じです。もちろん、使い捨てのショーツははいたままでOKですよ。

Iラインの場合

Iラインも基本、Vラインの脱毛時と同じ姿勢になります。片脚は伸ばしたままで、施術する方の脚だけ膝を曲げて横に倒して施術を行ないます。

Oラインの場合

Oライン脱毛は、うつ伏せの姿勢で行ないます。脱毛エステやクリニックによっては、四つん這いになったり、横向きの姿勢で行なったりするところもあるようです。使い捨てのショーツははいたままで、施術する部分はショーツを動かしながら施術を行ないます。

VIOライン脱毛は恥ずかしい?◆

VIOライン脱毛は、ショーツをはいたままの施術となりますから、想像するほど恥ずかしくはありません。

もちろん、ショーツをズラしながらのお手入れなので、施術してくれるスタッフさんには全部見えてしまっているということは十分にあり得ますが、スタッフさんも慣れていますから、そんなに心配する必要はないですよ。

手際よくパッパッと施術をやってくれるので、「恥ずかしい」とか思う間もなく、あっという間に終わってしまうということがほとんどだと思います。

ですから、VIOライン脱毛を考えているけど、恥ずかしいから心配という人も安心してお手入れをスタートさせてくださいね!

 

関連記事