全身脱毛や部分脱毛の基礎知識からおすすめのクリニックの情報まで、私の経験から幅広い情報をご提供しています。

menu

脱毛口コミ情報局 体験談からおすすめサロン・エステを紹介

脱毛エステ契約で使えるクーリングオフ制度って何?やり方は?

69

脱毛エステの強い勧誘に負けて契約してしまった!という時に使えるのがクーリングオフ制度です。

ここでは、クーリングオフ制度について解説しますので、もし「契約を取り消したい」というような場合に役立ててくださいね。

クーリングオフ制度って何?

クーリングオフ制度とは、「契約して8日以内であれば、無条件で契約を解除することができる制度」のことをいいます。

それで、脱毛エステで強引な勧誘に遭ってしまって、泣く泣く契約してしまったという場合でも、このクーリングオフ制度を利用すれば契約解除が可能です。

ただし、クーリングオフ制度を利用するには一定の条件があり、それを満たしておくことが必要なので注意してください。条件は次の3つです。

  1. 記載されている契約日から8日以内であること
  2. 契約金額が5万円を超えていること
  3. 契約期間が1ヶ月を超えていること

この3つの条件をすべて満たしている場合は、クーリングオフ制度を利用して契約を解除することができます。

クーリングオフ制度を利用すると、契約自体を無効にすることができるので、支払った代金は全額返金してもらうことができます。そして、中途解約とは違って違約金は発生しません。

クーリングオフ制度は、上記の3つの条件さえ満たしていれば利用することができますから、脱毛エステでの契約を自分で決めたものの、冷静に考えたらこんな高額な脱毛コースに申し込むんじゃなかったというような場合でも利用することができます。

しかも、クーリングオフ制度では契約を一方的に解除できるので、エステ側の合意などを求める必要はありません。

クーリングオフ制度の利用方法

クーリングオフ制度の利用方法はとても簡単です。脱毛エステにわざわざ出向いたり、電話をしたりする必要はなく、書面での通知というシンプルな方法で行なうことになります。

書き方は特に決まっていませんが、「契約解除通知書」と記入し、契約年月日、契約したコース名、契約料金、契約したサロン名を記入したうえで、契約を解除する旨を記載します。

通知書を記入した日付と契約者の名前と連絡先、そして、現金で支払いをした場合は振込口座の情報を記入して、その口座に返金してもらうようにします。

もし、ローン契約やクレジットカードでの支払いを行なった場合は、信販会社にも同じ内容の通知を送ります。

どちらの通知も両面コピーして、簡易書留もしくは特定記録郵便で送り、記録が残るようにしましょう。普通郵便で送ってしまうと、後で「受け取っていない」などという言い訳をされることがあるからです。

コピーした通知書は大切に保管しておきましょう。万が一、契約解除にエステ側が応じないような場合には証拠書類として必要になります。

関連記事