全身脱毛や部分脱毛の基礎知識からおすすめのクリニックの情報まで、私の経験から幅広い情報をご提供しています。

menu

脱毛口コミ情報局 体験談からおすすめサロン・エステを紹介

ホクロがいっぱいでも脱毛できる?

45ecf036239d4434204e083899234d4f_s

脱毛をしたいけど、カラダ中にホクロがいっぱい!!そんな場合、脱毛エステやクリニックで脱毛をすることはできるのでしょうか?
ここでは、そんな悩みにお答えしましょう。 

◆脱毛器はホクロに反応する◆

まずは脱毛エステの光(フラッシュ)脱毛器とクリニックの医療レーザー脱毛器の脱毛のしくみについて簡単に説明します。

光脱毛器は、光を照射することで毛根部分の毛を作る組織が破壊されて脱毛を行なうものです。
医療レーザー脱毛器はレーザーを照射することで毛根部分の組織に高熱によるダメージを与えることで脱毛を行なうものです。
どちらも色素の濃いものに反応して脱毛処理を行ないますので、肌表面にはほとんどダメージを与えることはありません。
しかし、ホクロは色素が濃いものですね。ですから、ホクロがある部分に直接光やレーザーを照射することはできません。もし、うっかり照射してしまうと光やレーザーがホクロに反応してしまいますから火傷をしてしまう危険があります。
ということは、「ホクロがあると脱毛はできないのでは?」と思いがちですが、そうともいえません。

ホクロがあっても、きちんと脱毛することができるんですよ!

◆ホクロがあっても脱毛できるーその理由とは?◆

ホクロがあっても、脱毛を問題なく受けている人は多くいます。日焼けで脱毛を断られることはあっても、ホクロで脱毛を断られるということはまずないと思います。
ホクロがある場合、脱毛エステやクリニックではホクロの部分に保護用のシールを貼って施術を行ないます。ですから、ホクロには直接光やレーザーが当たることはないので、火傷などの心配はなく脱毛を行なうことができます。
仮にホクロがたくさんあるという場合でも、ホクロの部分だけあらかじめシールを貼っておけば問題ありません。

それで、「ホクロが多いからどうしよう!」と脱毛を迷っている人は安心してくださいね。もし、やっぱり心配という人は事前に脱毛エステやクリニックで相談するといいでしょう。

◆シミや色素沈着が見られる場合の脱毛は?◆

ホクロはないけど、シミや色素沈着が見られるという場合はどうでしょうか?

大きめのシミがポツポツとある場合は、ホクロの場合と同様、シミの部分に保護用のシールを貼って脱毛を行ないます。しかし、シミが薄い場合は、そのまま照射することもあります。わたしの場合は、薄いシミが腕の部分にあったのですが、大抵はシールを貼ることなく施術を受けました。でも、サロンスタッフさんによっては「保護用のシールを貼りますね」という人もいましたよ。

色素沈着が見られる場合、広範囲にシミが広がっている場合は、その色素の濃さによってはその部分は避けて脱毛するということになります。

関連記事